3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

減量に成功するためには体重の増減を気にし過ぎないこと

2017年03月25日 · コメント(0) · 健康

減量に取り組んでいる時は、毎日体重を記録することを習慣にしている人は少なくありません。

減量の進み具合を知るための体重チェックは大事ですが、体重の減り方に一喜一憂していると、ダイエットがうまくいかないこともあります。体重を気にする人の中には、わずかな変動で気持ちが大きく左右される人がいます。

滞りなく減量ができていれば差し障りはないものの、結果が思わしくないと、それだけでやる気を失うような人もいます。

ダイエットがストレスになる理由の一つに、減量の頑張りが報われていないと思ってしまうことがあるようです。

人体は、自律神経の影響を受けている部分も多くありますので、意志力だけでどうこうできるわけではありません。

自律神経によって調整されている部分は、血流、呼吸、消化器官など、多岐に及んでいます。

生命維持を第一にしている自律神経は、人間が期待している結果と違う現象を起こすこともよくあります。

ストレスを感じた体は緊張状態に陥って血液の流れが悪くなり、基礎代謝の低い体になります。

減量を目指して体重を確認していたはずが、体重の増減が精神的なストレスになって血流が悪くなることがあります。

強いストレスが続くと、欲求の抑制が効きづらくなって、つい大食いをしてしまうということもあります。yモバイル店舗 広島市西区

減量をしている時でも、ある程度は体重は増えたり減ったりするものだと考えて、気軽にダイエットを続けることが、よりよい効果を引き出します。

タグ :