3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

掴めないクレカに悲しみを覚える

2017年02月14日 · コメント(0) · 金融

クレジトカードの支払を延滞したことがある人やローンや借金で滞納したことがある人は信用情報を一度チェックしたほうがいいです。今後ローンを組むときに失敗する可能性もあります。

クレジットカードで支払の延滞を続けてしまうと、事故情報が信用情報ksc機関に記録されます。

信用情報ksc機関に事故情報が記載されてしまうと、いわゆるブラックリストに載った体調となります。

そうなると、新たにクレジットカードの申し込みをしても審査に受かることはありませんし、キャッシングなどの特典も利用することができません。

ひいてはわが家融資や自動車融資などの審査にも受かることがありません。

気軽に助かるクレジットカードですが、無計画に利用してしまうと後ほど支払など大変なことになるので、延滞しないみたい計画的に利用しないといけませんね。

ただし、クレジットカードの延滞で信用情報ksc機関に財政事故情報が登録されるのは、長時間延滞した場合です。

いわゆる悪徳の状態でカードなど申し込んでしまうと審査には落っこちるんですね。

万が一延滞してもアッという間に支払をすれば、事故情報が登録されることはあまりありません。

だからといって、短時間の延滞も何回も繰り返し延滞していると事故情報として申し込みされますので、決断日光までに儲けをきちんと用意しておくことが重要です。

クレジットカードの延滞で登録された事故情報は、一定の日にちが過ぎると消えます。

ひとたびの延滞で将来その測量があるわけではありません。

しかし、消去されるまでの日にちは信用情報ksc機関を通じてちがいますが、延滞の突破のち5世代とされています。

事故情報が信用情報ksc機関に登録されているかは、信用情報ksc機関に問い合わせれば確認することができます。

クレジットカードやキャッシング、各種融資がお願い審査で降りしきるなら、各信用情報ksc機関に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

日本には代表的な信用情報ksc機関が3つあるので3事務所とも確認することをおススメします。

クレカの審査系はクレジットの審査に通らない理由は調べられる!も参考になります。

タグ :