3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

昔の思い出  Gジャン

2016年11月01日 · コメント(0) · その他

かつての同僚の話である。音楽の趣味がよく合ったのでバンドを組んでいた仲間なのだが、そんな奴の携帯にある日悲報が届いた。たまたま隣にいた俺は、その話しぶりからして誰かが亡くなったのだなということはわかった。しんみりした口調で聞いてみる。

「どうした、なんかあったのか?」
「うん、(別居している)うちの爺ちゃんが、さっき亡くなったそうだ」
「そうか、それはご愁傷様です」
「うん、ちょっと家に電話しなくちゃ」
「そうだな、明日は特別休暇がとれるだろ」

 などという会話をしながら、奴は家にいる妻に電話をかける。

「もしもし、あ、俺だけど」
「なによ、どうしたの?」
「さっき、実家から電話があって」
「うん」
「爺ちゃんが、亡くなったそうだ」
「ん? あら、そうなの」
「だから、明日は会社休むわ」
「ああそう、ん? え?」
「兄弟たちも、みんな実家に集まるそうだし」
「ええっ。そうなの?」
「なにだ、どうした?」
「あんたの実家ってさ」
「なにだ?」
「なんで、Gジャンが無くなったぐらいでそんな大騒ぎなの?」車下取り価格が安くて困る

タグ :