3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

遺伝子検査とagaの関係

2016年08月30日 · コメント(0) · 健康

遺伝子検査はagaの対策において重要になります。まず、薄毛の原因には様々なものがあり、その原因に応じた治療が必要になります。

遺伝子検査を行えば、男性ホルモンが原因になっているagaであるか診断ができます。現在発症していなくても、今後発症するリスクがどの程度あるのか調べることもできます。ただし、agaの発症は遺伝要因が全てではないため、リスクが高くても必ず発症するものではありません。
また、agaの治療方法の見極めにも役に立ちます。治療に有効とされる成分の1つであるフィナステリドは遺伝的に効果に違いがあり、使用してもほとんど改善が見られないことがあります。遺伝子検査でこれを調べることができるため、有効でないことが分かれば他の方法で治療を行います。
遺伝子検査では男性ホルモンの感受性に関わるアンドロゲンレセプターの遺伝子を調べることで、発症リスクやフィナステリドの有効性を確認します。遺伝子の情報は変わることがないのでいつ検査を受けても同じであり、また、1回受ければ再度受ける必要はありません。薄毛が進行しないように早期に有効な治療をした方が良いので、薄毛が気になったときや、将来的に薄毛になる不安がある場合に受けておくと良いでしょう。
マイコード

タグ :