3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも

2016年06月21日 · コメント(0) · IT

WiMAX通信専用のデータ通信機器は、年々新しいものが開発されます。個々により性能が異なり、便利さも異なります。

 

そんな中でも衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。


このWiMAX機器はau 4G LTEに対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに及んでいるWiMAX端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当時はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、現在は対応しているエリアが広がっています。他には、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま踏襲し、広いエリアでの通信に対応している部分がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。勿論、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う充電台に対応していて、充電しつつのインターネットにも対応しています。
WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、少し変わっているのが3WiMAXと言うプロバイダです。(Broad WiMAXの月額最安プランは本当にお得!?より抜粋)
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを提供しています。なんで、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全然違います。例えば、3波を使用するキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダではランナップされていません。
So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みをするメリットですが、セキュリティサービスが一つとして挙げられます。なぜかと言うと、So-netが提供しているインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言うところが好評なのです。付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのことを指し、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSに対応していて、最大で5台の機器までインストールする事が可能です。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティをセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々な危険を減らす事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典と言えます。WiMAXサービスを展開しているプロバイダなのですが、幾つか存在します。それぞれのプロバイダでキャンペーン特典が異なりますので、その部分では、注意しましょう。具体例を言うと、長く契約期間を続けるなら、Broad WiMAXと言うプロバイダが最もお得な月額料金になります。
こういった風に、契約先となるプロバイダによりお得感に差が出ますから、それぞれのプロバイダのキャンペーン内容をしっかり調べるようにしたいものです。WiMAXの端末の中には、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。

au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、広大なエリアで繋がります。
それに、800MHzのプラチナバンドを使用していますので、隅々まで電波が届きます。一方で、一回でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、通信制限が普通に適用されます。
WiMAXサービスの評判について調べていると、色々と言われています。
詳しく言うと、天気で通信状態が左右されるだとか、そう言った意見もあるにはあります。

 

とは言っても、WiMAXの端末の性能は毎年上がって来ています。

と言う事で、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。
口コミサイトでWiMAXについて調べる事もあるでしょうが、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。
WiMAX通信に対応した機器のサイズは、スマホよりも小さいです。

ですので、持ち出しするのにちょうどいいです。

ポケットからはみ出さない大きさですし、重量や厚みも大した事なく、ポケットがパンパンになる事もないです。

ワイマックス機器は、スマートフォンアプリで操作可能です。そう言う理由で、ワイマックス対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使用することが出来ます。WiMAXサービスの月々の料金ですけど、実際の所、契約先で料金が異なります。
例を挙げれば、Broad WiMAXは最初に高い初期費用が掛かる代わりに、契約期間は月額料金が値下げされます。また、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金がとても安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高額になります。
こんな感じで、各申し込み先によって月額料金に特徴がありますので、それを把握した上で申し込み先を検討しましょう。
WiMAX機器は通常価格が20000円しますし、クレードルとのセットで22750円もします。
結構な値段となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなってしまいます。

 

そんなわけで、それぞれのプロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。

プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。PEPABO WiMAXは、普段は3種類のプランがあります。

28000円の高額な現金キャッシュバックが受け取れる通常プランや、月々の料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。

他に、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用可能な料金プランがあります。
まれに、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランがラインナップしている事もありますが、タイムセールはいつもある料金プランではありません。

 

最近、WiMAXサービスのプロバイダの中には、独自の保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。

 

例として出すと、Broad WiMAXではご満足保証と言う保証制度を導入しています。それから、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日間の保証制度を採用してます。いずれの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますけど、25ヵ月間に渡る契約が基本です。なぜかと言うと、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事によって、25ヵ月間の月額使用料が500円分割引きになるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。

 

加えて、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適応になる為、結果的に、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。
500円と聞くと大した金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。
WiMAXサービスを販売するプロバイダの中に、Broad WiMAXといったプロバイダがあります。Broad WiMAXの強みには、月額の利用料金が安い点が挙げられます。

 

その分だけ初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用がタダになるキャンペーンが実施されています。
契約25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。
nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

キャンペーン対象のWi-Fiサービスですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。

nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能になります。WiMAX端末が手元になくても利用する事が可能ですし、速度制限も気にしなくて良いですから、とても評判の良いサービスとなっています。
URoad-StickはUSBサイズの軽く小型のWiMAX端末で、持ち歩きが楽で便利です。

URoad-StickをUSBポートに挿し込むことによって、そこから給電しながら使用する事が出来ます。難しい設定も行わずに使用出来ますから、そんな簡便性が評判のWiMAX端末となっています。対応している通信回線はWiMAXやWiMAX 2+で、下り最大通信速度としては110Mbps出力する事が出来ます。

WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、複数ある様に感じます。一点目が、無線の通信回線ですので、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。
続いて考えられるのが、モバイルのネット通信ですから、ネット開通に伴う工事は不要です。その他にも、ネットの開通工事を行なう必要はありませんので、月額料金が安くなると言うメリットもあります。

 

更には、通信の規制が厳しくないと言う部分も、なぜWiMAXを選ぶのかと言う理由になります。WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。
プロバイダで違うので一概には言えませんが、2種類の料金プランが存在します。

その料金プランが何かと言うと、通常プランとギガ放題プランの2種類です。
ギガ放題プランの場合は月額料金が高額だと言うデメリットはあるものの、それ以上にお得感あって、たっぷりと通信を行なう事が出来ます。対して、月額料金の安さが魅力的な通常プランがありますが、速度制限の規制が厳しいと言う点が気になる料金プランです。月間通信量がどれだけの量に達するかを把握しながら、一つだけ料金プランを選ぶようにしましょう。ワイマックスと言うサービスがありますが、このサービス、通信制限の規制具合が厳しすぎない点がポイントとなります。
そう言う事で、ある程度は通信を行なう使用目的があるのであれば、一番適したモバイルサービスと言えるでしょう。
7G制限のストレスがしんどいと言うのであれば、検討してみるのも良いでしょう。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を減らす部分が強化されたWiMAX端末です。
その訳は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリーの消費が激しかったからなのです。そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新しく搭載されました。

 

他にも、三日間の総通信量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対応が取りやすくなりました。
WiMAXの良い所は、無線を使ったインターネットサービスであると言う点にあるでしょう。

無線を使いますから、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。

 

重ねて、WiMAX機器はポケットサイズですし、持ち運びに向いています。
そんな部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが最高です。
そう言う部分から、WiMAXのキャンペーンの中にはタブレットの無料プレゼントが行われている所もあります。

WiMAXを利用する時には、注意する速度制限は二つあります。一つ目は、月間データ量による速度制限と言われている、7G制限と言われているものが存在します。ふたつ目が、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものです。ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除となります。しかしながら、混雑回避の為の速度制限は適用となります。
WiMAX通信を行なう為の機器は、日々性能が上がって来ています。
何よりも、通信速度の向上が目まぐるしく、現時点で、220Mbpsもの下り最大通信速度が出ます。とは言っても、ここのところは通信速度より、総通信量が重要視されている傾向が見られます。
新しいWiMAX端末のWX02やW02も、Speed Wi-Fi NEXT WX01やSpeed Wi-Fi NEXT W01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されました。その理由ですが、3日間で3GB以上の通信を行ったユーザーに課せられる速度制限、この適用が厳しくなって反発するユーザーが続出したのです。
その為、メーカーやユーザー的には、ここに神経を尖らせているのです。

WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中では、完全独自のキャンペーン特典が用意されているとこもあります。
例を出すと、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合には、DTI Club OffってDTI会員だけの独自の割引特典が付いて来ます。
DTI Club Offとは、全国各所にある宿泊施設やレジャー施設、その他、温泉施設やインテリアショップ、レストランや居酒屋などなど、色々なサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。映画のチケットやミュージカル、美術館や展覧会など、書ききれない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、さまざまな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。WiMAXの中でも、一番サポート関連が充実しているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を最も持っていますし、トラブルが起きた際のフォローも最も早くて的確で、電話サポートの受付け時間も最長です。

 

でも、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容がイマイチなので、代理店と契約を行なうと言う方法もあるのです。
代理店だとキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言った良いとこ取りが出来ます。
BIGLOBE WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なえば、二種類のキャッシュバック特典から好きな方を選ぶ事が出来ます。
一つ目のキャッシュバックキャンペーンが契約13ヵ月目に貰える現金でのキャッシュバックで、もう一方が24ヵ月間ずっと毎月900G貰えるGポイントでのキャッシュバックです。

 

Gポイントでのキャッシュバックの方が貰える金額が若干多く、BIGLOBE IDとGポイント会員IDの対応付けを行った段階から貰えるのに加え、受取り損なってしまうリスクも現金キャッシュバックより低いです。
GポイントはBIGLOBE WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用出来ますし、SuicaポイントやnanacoポイントやTポイントなどの約140社のポイントに変換出来ます。
最近のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信を使用出来るWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線で、日本の人口カバー率が99%を超えている、非常に繋がりやすい通信回線なのです。
800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりして、奥まった場所まで電波が行き渡りやすいです。
従来のau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡がって来ています。

 

WiMAXの通信を行なうには、専用のWiMAX端末を使用する必要があります。

ラインナップされる新製品は次々と登場し、WiMAXはどんどん利便性が増しています。例を挙げれば、WiMAXしか対応していなかったWiMAX端末ですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の2つの通信回線も追加されました。加えて、通信速度が年々速くなって来ている点も挙げられます。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入され、通信速度が110Mbpsから220Mbpsへと速まりました。
WiMAXを契約すると、その利便性の良さに驚かされます。私がWiMAXと契約後に感じたのが、通信制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。
自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですけど、速度制限のせいでイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも通信制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルでは無くなるのです。Speed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX機器です。
その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。

それに加えて、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアを利用する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に内蔵していませんから、USBポートから給電しながら利用するタイプのWiMAX端末となります。

 

タグ :