3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります

2016年06月17日 · コメント(0) · IT

WiMAXの端末の中においては、au 4G LTEと言ったauの提供する通信回線を扱えるものもあります。au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、広いゾーンで繋がります。

 

その上、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、奥まった部分まで電波が届きます。
弱点としては、一回でも使用すると月額1005円の回線利用料金が請求されますし、ギガ放題プランであっても速度制限が掛けられます。

nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が付いて来ます。

対応するWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。

 

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスなのですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの両方を使用する事が出来るようになります。WiMAX端末が手元になくても利用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますから、とても評判の良いサービスになってます。

 

Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX機器です。
その仕組みですが2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に使用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が可能になるキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。それに加えて、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線も利用出来ますので、人口カバー率99%と言う広い通信エリアに対応する事が出来ます。(UQ WiMAXのWiMAX 2+用のキャンペーン特典は商品券?!情報)
Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんので、USBポートから給電しつつ使用するタイプのWiMAX端末となります。WiMAXを利用する際に、注意すべき速度制限は二つあります。ひとつめが、月間データ量による速度制限、俗に言われている7G制限って呼ばれているものがあります。

 

ふたつめは、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものがあります。ギガ放題プランに申し込むことで、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は免除になります。

だけど、混雑回避の為の速度制限に関しては適用となります。
人気のWiMAXサービスではありますが、多種多様の意見があります。
例を挙げるとすれば、通信が途切れるだとか、そう言った意見もあるにはあります。とは言えども、WiMAXの基地局の増設に伴ってWiMAXの受信具合は良くなる一方です。
な訳ですから、実際にWiMAXを使用すると、思ったほど悪く無いと感じるケースは多いです。WiMAXに関する口コミを読む際は、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は様々なキャンペーンを展開していて、そのラインナップの豊富さも人気の秘密です。ですけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される最も大きな要因は、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。

それに合わせ、サポート体制もしっかりしているので、それが評判を支える大きな要因となっているのです。WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。

 

WiMAX端末の種類は豊富で、WiMAXはどんどん利便性が増しています。一例を挙げると、元々はWiMAX回線しか無かったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の両方にも対応するようになりました。
しかも、年々向上している通信速度もその一つでしょう。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された際も、通信速度が220Mbpsへと速くなりました。

 

WiMAXサービスの醍醐味は、速度制限が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他のモバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など見てられません。
平気な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?ですけど、WiMAXだったら堂々と映画が視聴出来ますし、一日中ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。

WiMAXサービスの月々の利用料金ですが、驚く事無かれ、契約先により料金が異なります。

具体的に言えば、Broad WiMAXは最初に高い初期費用が掛かる代わりに、ずっと毎月の料金が割引きされます。そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が凄く安いですけど、契約から25ヵ月目の月額料金は高額になります。こう言った様に、それぞれの契約先によって毎月の料金に特徴がありますので、それを分かった上で契約先を検討しましょう。
固定回線の人気は依然として健在ではありますが、モバイルへの移行が進んでいる傾向が見て取れます。
持ち運ぶ事が出来ない固定回線とは違い、利便性と言う点では大幅に向上しています。
そう言う面とは逆に、モバイルに対して通信状況は大丈夫なのか気になって来ます。そんなイメージとは裏腹に、今のモバイルの環境は整備が整っていて、通信を安定した状態で楽しむ事が出来るようになりました。ですから、モバイルって事ではありますが、侮れません。
WiMAXの強みは、無線通信を使ったインターネットを利用する事が出来ると言う部分にあるでしょう。
無線を使用しますから、どんなトコからでもインターネットアクセスが利用可能となります。その上、WiMAX機器は小型ですから、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。そんな部分を考慮すると、タブレットと持ち運んで使用すると良いです。

 

そう言う理由から、WiMAXの契約の際にタブレットとのセットを購入するのも良いでしょう。
WiMAXの契約時、料金プランの選択が必要です。

 

プロバイダ毎に違いがあるのですが、大まかに分けると2種類の料金プランが存在します。
2種類の料金プランは何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランと言う2種類の料金プランがあります。ギガ放題プランは月額料金が高額なのですが、余裕を持ってインターネットを行なう事が出来る料金プランです。それに対し、通常プランは月額料金が安いですが、良い事だけじゃなく、速度制限の規制が厳しくなります。

自分のインターネットの使い方を検討しつつ、自分に合った料金プランを選びましょう。WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、複数ある様に感じます。
最初に思い浮かぶのが、無線の通信回線ですので、好きな場所からネット回線に繋ぐ事が出来る点が挙げられます。

次に思い付くのが、無線の通信回線ですので、ネット開通工事は行なう必要ありません。

はたまた、モバイル回線って事で、安くインターネットを導入でき、月々の通信費は安くなります。更には、通信量による速度制限が厳しくないところも、WiMAXの魅力の秘密です。

 

WiMAXサービスを提供しているのプロバイダの中には、完全オリジナルのキャンペーン特典が用意されているところも存在します。
例えば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合には、DTI Club OffってDTI会員限定のオリジナル割引特典が利用出来ます。DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やテーマパーク、他にも、スポーツクラブやインテリアショップ、居酒屋や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別優待価格で使用する事が可能です。展覧会やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせないくらい対象となるサービスはバラエティー豊かですから、色んな人に価値を感じて貰う事が出来ます。電器屋で、光回線に興味は無いかと店員に尋ねられました。
ただ、私はWiMAXユーザーですし、当然、光回線は必要ないものです。販売員に必要ないと伝えたところ、驚くべき事を言われました。WiMAXなら、その日の天気で受信状態が変わるでしょう?ただ、今までWiMAXを使用して来て、天気が荒れる事でWiMAXが受信出来なくなるなんて経験はありません。

嵐で天気が大いに荒れた日は何度か経験しましたが、WiMAXの通信が遅くなったり、受信具合が悪くなったりと言った事はありません。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXの申し込みを行なうと、月額料金の決済ごとにGMOポイントが100pt貰えます。貯まったGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金出来、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用する事が可能です。BBウォレットの口座にお金を入れておけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用されます。

その他、GMOポイントは約2万店の提携店のネットショッピングで現金の代わりに利用可能だったり、クーポンサイトであるくまポンで使用する事も出来ます。

WiMAX通信機のサイズは、スマートフォンよりも小さいです。

 

そう言う理由で、持ち出しに便利です。ポケットに入る大きさですし、重さも厚みも大した事なく、ポケットがパンパンになる事もないです。
ワイマックス通信機は、スマホアプリを使用して操作する事が出来ます。なので、WiMAXルーターをカバンの中に入れ、そのまま使用する事も出来ます。

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点がウリのWiMAX端末です。これだけ速い通信速度を出す事が出来る理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
この3波キャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事によって、下り最大通信速度が370Mbpsと言う驚きの通信速度を実現出来ている訳なのです。

しかし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っているショップには限りがある為、利用出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに種類が多くありません。

ちょっと前から、WiMAXサービスのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。
例を出せば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を用意しています。
他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+では20日の保証制度を導入しています。いずれの保証制度にしても、違約金を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が出来ると言う制度となります。
UQ WiMAXサービスには様々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約が一般的です。と言うのも、25ヵ月間縛りの契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。合わせて、契約から26ヵ月が経過すると長期利用割引が適用されるので、最終的に、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くとそんなに高額な金額ではありませんが、割引きが適用されるのは毎月の事ですので、リーズナブル感は積もり積もって大きくなります。
WiMAXの機器は、日々進化を遂げています。

特に、通信速度の向上が際立って、今の時点で、220Mbpsもの通信速度が最大で出せます。しかしながら、近頃は通信速度よりも、総通信量が重要視されている傾向が見られます。

 

最新WiMAX端末のSpeed Wi-Fi NEXT WX02やSpeed Wi-Fi NEXT W02も、WX01やW01の通信量の表示機能が追加されたと言う形で発売されています。なぜなら、回線の混雑を避ける為に設けられた速度制限、これが適用されやすくなったのです。ですから、メーカーもしくはユーザーとしては、ここを意識しているのです。
Broad WiMAXは株式会社リンクライフが運営するWiMAXサービスで、特に月額最安プランが特徴的です。
月額最安プランの特性としては、月額料金が安い代わりに初期費用が必要となる部分にあります。
けれども、一定の条件を満たす事で初期費用がタダになるWeb割と言うキャンペーンが実施されていますので、結局は初期費用を支払う必要が無くなります。
その上、好きな時に他のインターネットサービスに乗り換える事が出来るご満足保証と言う制度があったり、WiMAX端末が最短で即日発送されると言う点もBroad WiMAXの特徴となっています。

 

WiMAX端末は通常価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円も掛かります。それなりの値段となりますので、WiMAX導入の際の足かせとなってしまいます。そう言う訳で、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントキャンペーンを行っています。プロバイダによってはクレードルセットでタダの所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶと良いです。WiMAXサービスは25ヵ月間の契約が基本になってて、途中で解約をすると違約金を取られてしまいます。

それだけ長い契約期間になっていますので、きちんとしたとこと契約を行いたい所です。

結構見落とされがちな部分が、各契約先のサポートセンターの応対です。
電話対応が休日は非対応だったり、ナビダイヤルを採用しているプロバイダもありますから、きちんと判断してから申し込みを行いたいものです。

モバイルインターネットサービスには、WiMAXのようなサービスが多々あります。
一例を挙げるとすれば、速度制限のないぷららモバイルLTEと言うサービスが存在します。確かに、ぷららモバイルLTEには速度制限がありませんが、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。この通信速度なのですが、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。

そんな理由で、速度制限は無いと言うウリ文句ではありますが、WiMAXと比べれば、常に速度制限状態だと言えます。

月額料金が安いWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXがございます。二度見するほど月額料金が安いプロバイダですから、色々と条件を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダであると言えます。
しかしながら、auスマートバリューmineには対応していませんから、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダとなります。そして、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までだけ対応となっている為、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。

WiMAXサービスを運営するプロバイダの中でも、少し変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAX系統のものが殆どなのですが、3WiMAXの場合はKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。そう言う理由から、3WiMAXでは提供されているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全然違います。具体例ですが、3回線のキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダではランナップされていません。
WiMAXを提供するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダが存在します。
Broad WiMAXの特長には、月額の料金が安い部分が挙げられます。
その分初期費用が高いのですが、クレジットカード払いの方は初期費用が0円になるキャンペーンが実施されています。契約25ヵ月目以後は業界最安値のプロバイダですから、長い期間契約を継続する人にとってお勧めのプロバイダです。WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。

 

このプロバイダが提供しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスをタダで利用する事が出来ると言う点が特徴です。

このセキュリティサービスですが、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。本来は月額500円のサービスですから、6000円くらいのお得感になると言えるでしょう。

So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの申し込みを行なう利点ですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が一つと言えます。

その訳は、So-netのインターネットサービスはWiMAXに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言うところが好評なのです。

付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事を指し、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用出来て、最大で5台の機器に対してまでインストールする事が出来ます。
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティをセットアップする事で、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの様々なリスクを減らす事が出来る点が、とてもありがたいキャンペーン特典です。

タグ :