3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

学生の場合のクレジットカードの審査について

2016年06月06日 · コメント(0) · 金融

もしも学生がクレジットカードを発行してもらおうとすると、金融会社はどういった内容で審査をするのでしょうか。基本的に、社会人がクレジットカードの手続きをした場合、今の会社に何年勤めていて、毎月の給料はいくらかを審査します。

審査で相手の収入や、過去の延滞履歴、他のキャッシング会社からの借り入れ状況を確認するのは、貸し倒れリスクを減らすための当然の対策です。学生の場合には、社会人では無いので、アルバイトでの収入額や何年生なのか、留年していないどうか等について審査するのでしょうか。クレジットカードの申し込みを学生がした場合は、社会人の審査とは差があります。

収入があるかや、優秀な生徒なのかは、クレジットカードの話とは関わりがありません。学生用のクレジットカードの場合、保護者が審査の対象になります。その場合でも、審査のハードルはそれほど高くありません。

1カ月の利用上限が10万円~20万円くらいになっていますので、普通のクレジットカードほど、審査をぎちぎちにする必要はありません。

金融会社は、学生のうちからクレジットカードを使ってもらいたいと考えています。学生のクレジットカード利用者は、学校を卒業して就職して社会人になった時に自社の優良顧客になってくれる可能性が高いわけです。働き初めてから、学生時代に利用していたクレジットカードと違うカードを主に使うようになるという人はわずかです。学生のころにつくるクレジットカードは審査にとおりやすいものにしておけば、将来的にも長くクレジットカードを使ってもらえるという算段です。
ブリラミコ

タグ :