3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

家の壁を塗り替える工事が必要なワケ

2015年10月22日 · コメント(0) · その他

マンション等でも時期が来ると壁の塗り替えということが行われています。これは公営住宅も同様であり、必要性があって行われています。しかし、普通の人ではなぜ、家の壁を塗り替える工事が必要なの?かということはよくわからないでしょうから簡単に、家の壁を塗り替える必要性というものを紹介したいと思います。まず、家にしろマンションにしろ、雨水や太陽光線(紫外線)による劣化を防いでいるのが塗料であるということは知っておく必要があります。鉄筋の建物であっても、塗料がはげ、そこから錆びが広がり建物の耐性が弱くなるということです。これは1年や2年で行う必要はないのですが、10年に一度程度は外壁の塗り替えをする必要があるといわれています。これをやるのかやらないのかで家をどれぐらい長持ちさせることができるかということが変わるといわれています。これは外壁そのものの素材によって必要な年数は異なっており、建物を建てた工務店やハウスメーカーに問い合わせをするとすぐに教えてもらえます。通常の吹き付けであれば、5年以上は持つのですが、木材や鉄に直接塗料を塗布しているという場合にはその耐用年数は3年ということですから特に注意が必要です。

タグ :