3日坊主ティーチャー

3日坊主ティーチャー header image 2

海外のハロウィーンの行事はどんな感じなの?

2015年10月19日 · コメント(0) · その他

日本のハロウィーンの行事はどんな感じかわかりますが、発祥の地などではどんなハロウィーンの行事が行われているのでしょうか?
よくテレビなどで、海外のハロウィーンの行事の様子が流れていたりしますが、ほんの少しなのでわからないですよね。

そもそも、ハロウィーンの時期には、死者の霊を鎮める為に行うと言う意味があり、死者の魂と一緒に魔物もやってくるので、それらを追い払うという意味で仮装をするようになったそうです。
海外では、今でもその意味をわかった上で仮装をし、ハロウィーンというイベントを楽しんでいます。

大昔には、今のような仮装衣装はありませんでしたので、動物の毛皮などを使って仮装衣装を作って着ていたそうです。かなりリアルな感じが出せそうですよね。

また、海外のハロウィーンの風景でよく見るのが、子供たちが近所のお家をまわってお菓子をもらっていますよね。
ハロウィーンになると、事前にお菓子を順位して玄関のポーチにつけておくようです。
ですが、子供たちに来てほしくないと思うお家もあります。
そういうお家は、玄関ポーチの電気を消しています。子供も、玄関ポーチの電気が消えているお家にはお菓子がないことを知っていますので、電気がつけられているお家をまわっています。

ハロウィーンという行事は、発祥はアイルランドですが、アメリカやイギリス、そして日本でもすっかりメジャーな行事になりましたよね。
その他にも、オーストラリアやニュージーランドでもコスメティックデンティスなハロウィーン行事がいろいろと行われて盛り上がるそうです。

タグ :